ギター・ベースパーツのワイズスタジオ

カートの中身を見る

カートの中に商品はありません

メールマガジン

メールアドレスを入力してください。


モバイル




2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
休業日  


売れ筋商品

Feed

【クライオ処理】 Jupiter Condenser Cryo HT BeeswaxPaper 0.1uF(104) 600V


Made in USA of US materials
リッチトーン再び!!

ギターやベースのトーン回路におけるコンデンサというパーツに限定してビンテージトーンの再現を考えた場合、NOS品を含む当時のコンデンサを選択する方法があります。
しかし、同時にそのコンデンサは既にかなりの年月が経過し劣化してしまっているものも多くあります。
(その劣化や出音のバラつきがビンテージコンデンサの面白さでもありますが、)それらを解消し、現代の技術でビンテージトーンコンデンサを再現したのが、この【Jupiter Condenser Cryo HT BeeswaxPaper】です。
コンデンサー製作における古き良きコンセプトを現在の最新技術で製作された銘品!
今迄のペーパーコンデンサー全般に弱点があった酸化・劣化をくい止める為に抗酸化物質プロポリスを多量に含有するBeewaxを使用して製造、さらにcryogenic treatment(-190℃以下で低温処理)加工する事により信頼のおける数値安定性を実現しました。プロポリスは「天然の抗生物質」と言われ古くから防腐剤として使われてきた経緯があり、cryogenic treatment加工を施す事により材料の密度を増加させた金属部分の性能、耐久性、耐摩擦でのクォリティを劇的に向上させています。

元々はloudpeakerクロスオーバーに使用するために設計された特注のコンデンサーであった物を楽器用にモディファイされた商品です。
このJupiter Condenser HTは強化された蜜蝋紙誘電体を使用して従来の物よりさらに高い作業温度に耐えることができます。

サウンド的には高調波倍音構成(特性)において非常にレンジが広くなり、また豊富な中低域を備えており、肉厚なトーンが特徴です。
このジュピターにはより多くの空気感を持っており、それらがより広いイメージを再生・生産する事をお試しください。

【SPEC】
0.1uF/600VDC
BeeswaxPaper/Aluminum Foil
Tolerance:+/−5% typically much closer
Operating temperature:70℃
Voltage:600VDC - Tested at 1200VDC
Silver Lead wire 20awg
Cryogenic Treatment


■Jupiter Condenserについて
アメリカのオハイオ州にあるJupiter Condenser。
リッチトーン&ヴィンテージトーンを謳ってヴィンテージオーディオアンプ、真空管アンプ用のキャパシター、コットンケーブルなどを製作。
特にアストロン社のレプリカは音質、トーン、見た目も含めてかなり忠実に再現されています。
日本では極僅かなマニア以外あまり知られていないコンデンサーですが、海外では非常に高い評価を得ています。
現在、ヴィンテージオーディオ業界や国内外の有名ミュージシャンの現場で、楽器やアンプ回路に使われてきています。
商品ID KK-JPB-03
販売価格 8,000円(税込8,640円)
在庫状況 残り僅か あと3個です
購入数

ピックアップ商品